日々公表銘柄となることで、株価への影響はほとんどないと言っても良いでしょう。日々公表銘柄に指定された場合には、速報値が当日の夕方に出されます。この規制は、証券取引所が行う規制です。

ただし、日々公表銘柄に指定されるということは、信用取引による売買が過熱化していると見ることもできます。仕手化の様相を見せているような場合は、急騰・急落する恐れもあります。また、この調子でさらに信用取引が過熱すると、増担保規制や売り禁などが発生することもあります。そのため、売買している銘柄が日々公表銘柄に指定された場合は、取引についての規制が入る一歩手前と考えると良いでしょう。

一般に、相場が沈静化すると解除されます。

日々公表銘柄に指定されると株価は上がる?上がる?

日々公表銘柄に指定されたという理由で株価が上昇するのか?下落するのか?についてはケースバイケースです。

信用売り残が貯まってきており、株価が下がっていないようなケースでは買い方が有利になるケースが多いです。仕手筋などが介入している場合はそこから大きく引き上げるような買い方をして「踏み上げ」を狙うようなケースもあります。

一方で買い残が増えているようなケースでは逆に相場鎮静化(マイナス要因)となるケースも多いです。日々公表銘柄に指定されることで増担保規制のような規制がされる可能性が上昇することも影響しそうです。