日本の証券取引所における、年内最後の営業日に開催される催事です。

土日祝日が重ならなかった場合は12月30日で行われます。

大納会日前は、休日の不透明感を意識した買い控えや税金対策のための損失確定などで平均株価が下降する場合もあります。
それらの売り圧力が一段落し株価が下げ止まると大納会日に株価が上昇することもあります。。