機関投資家や仕手が株値を上に持って行こうとしている段階で悪材料を流し一時下げます。
一般投資家は株価が急降下したのを見て焦って買っていた株を売り始めさらに株価は下落します。
そして一般投資家の売りがやんだ頃合を見計らって再び上昇に転じさせます。
時間的には数時間や1日など短いスパンで行われることが多いです。
このように弱気な投資家をこの相場から振るい落として次の高値に向かうことを言います。